垂れる蜂蜜

歴史

花を選ぶ

ハチミツの栄養素は採取する花によって変化します。加工されて色も香りも無難な形になっているハチミツには栄養素が期待できません。ですから、低温殺菌で処理された新鮮な商品を取り寄せることでハチミツの栄養素をしっかりと確保することが出来るようになっています。
最も日本人が好むハチミツとしてはレンゲの花のハチミツが上げられます。これは上品なコクがあってほのかに花の香りがする素晴らしい商品であり、大人から子供まで様々な人に食べていただけます。
紅茶やミルクに入れても美味しく頂ける上に、美容効果が非常に高いことからハチミツの王様といわれていることもあるほどの商品です。
これを料理に使うことにより、肉をやわらかくしたり素材の味をひきたてたりと様々な利点があります。そのまま食べても勿論美味しいです。新鮮なままで栄養素を取り入れたい場合には、ヨーグルトなどに混ぜて朝食にするとすぐさま脳へ栄養素が入り、1日快適に活動して頂くことができるようになっています。

ソバの花

アレルギーを抱えている人にとっては脅威ですが、ソバの花からとれるハチミツも素晴らしい効果があります。特にソバからとれたハチミツは鉄分が豊富だといわれており、貧血になりやすい女性にとっては最高の商品です。
ミネラルも多く、中には抗癌作用があるという話も上がっています。子供の咳や喉の病気にも効果てきめんだと証明されていますから、体調を崩しやすい冬などには調度良い商品です。